雪の日に滑らない靴

雪の日に滑らない靴

 

雪の日に滑らない靴といえば、間違いなく底がギザギザになっているゴムの長靴がおすすめです。

 

私の実家は雪国なので、昔から雪がドカッと降った時は長靴を履きます。
きっと雪が降る地域に住んでいる場合はよく分かるんじゃないかと思います。

 

 

ただ、都会や普段雪が降らない地域に住んでいると突然雪が降った時に心配ですよね?

 

 

家から通勤通学途中の道が凍ってしまうこともありますし。
テレビでも雪が降った後のニュースでもツルンって滑って転ぶ人をよく見かけますし。

 

 

あれ、実は結構危ないんですよ。

 

 

まだまだ若い人は大丈夫かもしれませんが、私の実家ではお年寄りの方が滑って骨折したとか聞きますからね。

 

もちろん、雪国に住んでいる人は雪道の歩き方は慣れているので、都会の人に比べたら滑りにくいように歩いているんですけど、
ちょっと慣れてると逆に過信してしまうっていうのがあるからだと思います。

 

特に小さな子供やお年寄りは転ぶと危険なので、
慣れない日の足元には滑らない安全なゴムの長靴が一番です。

 

 

若い人でも打ち所が悪いと骨折したりしますからね。

 

 

でも、やっぱりゴム長靴っていうとちょっとダサいしカッコ悪い

 

 

そういうイメージもあると思います。
私もそうでしたが、若い時は特に長靴履くの嫌がってましたからね。
雪の日に滑らないのはゴムの長靴だっていうことはよく分かってましたけど。

 

 

そういった意味では、ゴム製のエーグルのラバーブーツ(レインブーツ)は、おすすめです。

 

 

おしゃれなデザインですし、ゴムも柔らかくて履きやすいですし、長靴が嫌な場合はショートブーツもありますし。
最近はエーグルのラバーブーツに可愛いキッズ用が仲間入りしているので、
小さな子供がいるお母さんやお父さんにもおすすめしたいですね。親子ペアで履けますし。

 

 

雪の日に滑らない靴

雪の日に滑らない靴

 

 

 

 

私も実家ではエーグルのラバーブーツ(シャンタベル)をヘビロテしてました。

 

特に雪国やよく雪の降る地域に住んでいる場合はおすすめですね。
雪の日はもちろんですが、梅雨の日も雨の日も履けるのでそういった意味では一年中使えますから。
雪の日に滑らないゴムの長靴としてエーグルのラバーブーツはコストパフォーマンス抜群ですよ。

 

 

 

 

 

 

【雪国での長靴のサイズの選び方】

 

ちなみに、雪国で長靴を履く時は少し大きめサイズを選ぶのが大事です。

 

ジャストサイズだと足先が冷え過ぎるので、少し内側に余裕を持たせることで熱がこもって冷えにくくなります。

 

 

>>トップページに戻る<<